やっと見つけた最高のバイアグラジェネリック

海綿体への血流を増やす効果があり、勃起を促してくれるのは、知名度抜群であるED治療薬のバイアグラが有名です。

海綿体への血流を増やすにはバイアグラ

海綿体への血流を増やすことでペニス増大

バイアグラの開発経緯

海綿体への血流を増やすにはバイアグラがおすすめです。バイアグラとは陰茎海綿体に入っていく血液の量を増やして勃起させてくれる医薬品です。海綿体に血流を多く流れ込む事でペニスに留めておく力を回復させ、海綿体が膨らみ、海綿体を増やす事でペニス増大に繋がり勃起の補助をしてくれます。効果は性的刺激や興奮を感じた際に勃起しやすくなります。バイアグラは男性に自信を持たせてくれる医薬品です。「もしかしてEDかも」と感じた時には早めにバイアグラを試してみる事をおすすめします。

海綿体とは

海綿体への血流を増やすにはバイアグラ

海綿体とは、血管が網の目のように繋がって陰茎、陰核を構成するスポンジ状の勃起組織です。ペニスの海綿体は中央で2つに割れていて、尿道を通っている裏側にも1つあります。この3つの海綿体でペニスは出来ているのです。1つひとつに流れ込む事で全体が膨張し勃起してくれます。男性は陰茎海綿体に性的感情や生理現象により海綿体内にある静脈の血管へ血流が集まり血液の流れがよくなり、充満させる事で全体が膨張し硬くなる事で勃起します。また女性の陰核(クリトリス)にも同じような構造と機能があります。男性も女性も同じ海綿体で出来ているようです。男性にとって海綿体は生涯大事な構成部位でもあり少しでも海綿体に異常が出てしまうと勃起しなくなってしまいます。

また海綿体のほとんどが、血管で構成されている為、血液の環境が悪くなってしまうと、機能が発揮されなくなってしまいます

バイアグラの開発経緯

ED治療薬のバイアグラについては、歴史も古く情報として目にした事がある方は多いのではないでしょうか?発売当初などは各メディアで取り上げられ口コミでも大好評でした。それこそ個人輸入によって取り寄せる方もおり、非常に高額な値段で転売もされる程だったのです。そして翌1999年には異例中の異例で承認されることとなり今に至ります。それではバイアグラはどうやって開発されたのでしょうか?。

元々は狭心症治療薬として

今でこそED治療の代名詞と言えるバイアグラですが、元々は違う病気に期待された治療薬として開発、研究されていたものでした。今から25年前の1992年、イギリスにあるファイザー社の研究機関でバイアグラの開発が始まります。その病気とは狭心症の事で、その改善薬として研究が進められていたのです。ちなみに狭心症とは動脈硬化や血管が細くなる事で血流が悪化して、一時的に心臓の筋肉に酸素が供給されなくなる為、胸に痛みが伴い苦しくなると言う症状が現れます。

研究中の新薬は、その血管を拡張し血流を良くすることで血圧を下げ、心臓の筋肉へ酸素が行きわたるようになり、症状が軽減される事が目的の予定でした。発見された成分のシルデナフィル(バイアグラの主成分)にその効果があるのでは?と期待されていたためです。しかし実験を繰り返し続けていても、あまり症状の改善を見ることは出来ませんでした。

勃起促進作用は副作用から発見

仕方なく狭心症の新薬の開発は中止となり、臨床試験の被験者から試薬を回収する事になります。しかしなぜか、試薬を返すのを渋る人や、残っている薬があれば分けてほしい等の意見が返ってきました。不思議に感じた担当者が理由を聞いてみると、どうやらその薬を飲むと下半身が元気になる、勃起を促進する効果がある事が分かりました。これが新薬の予想外の副効果の発見となり、狭心症ではなくED治療薬として研究が続けられ、バイアグラとして発売されました。バイアグラの有効成分のシルデナフィルは血流をよくし勃起に必要な血液を海綿体送ります。海綿体への血流を増やす事で勃起が促される仕組みになっています。

前述の通り、発売後のフィーバーによりバイアグラは凄い!との評判は世界中で広まります。もちろん日本でも御多分に漏れず、週刊誌や雑誌などで紙面を賑わせていました。ただ当時はまだ日本で認可が無く、発売はおろか病院での処方もされてない状況でした。無いと解ると欲しくなってしまうのが人情、という事でなんとしても欲しい人達は個人輸入などでバイアグラを入手していたそうです。そんなあまり薬の情報が出回っていない頃、バイアグラでの腹上死という事故も起こります。後に分かったのが併用禁止であるニトロ系の薬を飲んでいたことが理由でした。

異例のスピード承認

これを受け、とても有効かつ素晴らしいED治療薬に対する良くないイメージが蔓延するのはまずいと日本での認可が降り、医療機関で処方出来る事になりました。海外で先に発売された薬が日本で承認されるのはかなり時間がかかるのですが、バイアグラに関しては1年という極めて異例とも言えるスピードで承認されたのです。効果が効果なだけあり色々な憶測を呼んだのも記憶に残っていると思います。

とはいえ「危険な薬」という誤解も解け、今ではEDを改善させるためには必要不可欠な薬として現在も変わらぬ人気を維持し続けています。バイアグラが発売される前に行われていたその他のED治療方法はあまり効果がないものばかりでした。しかも高いリスクが生じる方法ものあったため、医師からしてもEDという病気は非常に厄介な病気だったのです。

しかしそのハードルも無くなり、今やEDは「治る病気」であるとはっきり言えます。もちろん自身が取り組まなければならないこともありますが、バイアグラなどのED治療薬を使う事で根治がしやすくなったのは言うまでもありません。

豊富なジェネリック

豊富なジェネリック

バイアグラを手に入れるためには医療機関へ行かなければなりません。年数は経っていますが未だ1錠あたりの値段が1600~2000円程度であるため1シートあたりの金額は5000円を簡単に超えてしまいます。ですが既に特許期間が切れているため国内でもジェネリックの処方が既に始まっています。ジェネリックであれば1錠あたり1000円前後であるため比較的入手はしやすいです。しかしいずれも保険適用はされていません。さらに諸費用がプラスされるので結構なお金が必要となります。

そこで国内製ジェネリックが解禁される前から使われていたカマグラなどの海外製ジェネリックを購入すればコストが大幅に抑えられます。医療機関ではまず処方されません。厚生労働省の承認が下りていないためです。しかし海外医薬品を販売する通販サイトを利用すればショッピングサイトと同じ感覚で購入することが出来ます。個人輸入として扱われるので処方箋を持っていなくても大丈夫です。

訪れてみれば分かると思いますが、カマグラ以外にも多数のバイアグラジェネリックが販売されています。もちろんいずれも医療機関で処方されるジェネリックより安価なので驚くのではないでしょうか?気になる効果についてもバイアグラと同様、強力な勃起促進作用を得られます。その点に関しては心配ご無用です。コストを抑えるのであればカマグラなどの海外製ジェネリックの利用も検討して良いかもしれません。