やっと見つけた最高のバイアグラジェネリック

バイアグラのジェネリックは他にも沢山あります。ジェネリックは新薬を元に作られた為でコストが下がり通販ではとても安く購入できます。

バイアグラのジェネリックは通販で購入可能

ジェネリックとは?

ジェネリックとは

ジェネリックとは「一般的な」という意味であり、広く使われるという意味からそう呼ばれています。新薬を元に製造し、その開発費が安いことから値段も安くなるのです。またカマグラなどのインドジェネリックは独自の法律により薬の特許期間に関係なく製造できるため、新薬でもすぐにジェネリックを作る事ができ、色々な意味で話題を呼んでいます。また多くのインドジェネリックは国内では承認されないため通販や自身で個人輸入をしなければ購入が出来ません。

こちらのページではジェネリックの安さの理由や製造条件についてお届けしたいと思います。またあまり知られていないインドジェネリックの実態も少しではありますがご紹介致しましょう。

製造の条件と安さの理由

ジェネリックの元となる新薬が誕生するまでの流れは以下のものになります。製薬会社が長い時間と多くの開発費をかけ、その間に様々な試験を繰り返し、成分や製法の特許を取得します。特許は出願日から20~25年が有効期間となりその間は他の会社が同じ薬を作ることが出来ない為、新薬を発表した製薬は独占的に製造販売する事が出来、これまでに投資した開発費を回収することが出来ます。またさらに利益が生まれた場合に新しい薬への投資も可能となり、製薬会社にとって非常に重要なものなのです。

その後、特許期間が終了すると薬の成分や製法は公のものとなり、他の製薬会社が製造することが可能になります。その為には安全性のテストや臨床試験を合格しなければいけませんが、すでに成分や製法が用意された状態からのスタートとなるため、研究にかかる時間や費用は大分抑えられます。その分単価を高くする必要がなく、同じ成分の薬が安価で販売が可能となります。これが所謂ジェネリックと呼ばれるものです。

ジェネリックは「一般的」という意味合いを持ち、効果や安全性が認められ一般的に広く使われている薬の事を言います。医療業界では新薬の特許が切れた後、ジェネリックがいくつもぞろぞろと登場することから「ゾロ」や「ゾロ薬」と呼ばれているそうです。ジェネリックは新薬と同等の効果、安全性が認められ始めて認可されることもあり、販売された時点で安心して使う事が出来ます。

インドジェネリックについて

インドジェネリック

新薬の特許期間が切れるまでジェネリックは作る事はできませんが、インドでは多くのジェネリックが製造販売されています。なぜそんな事が出来るのかというと、インド特有の特許法に関係するものです。薬の特許には大きく「物質特許(成分)」と「製法特許(作り方)」「用途特許(効能)」「製剤特許(添加物)」の4つがあります。しかしインドでは物質特許を認めておらず、製法特許と製剤特許の2つしかありませんでした。新薬と同じ成分を使っていても、製法や添加物などが違えば別の新薬として承認されていました。

このためインドでは数々の安価なジェネリックが多く作られ、今では世界中で使われる事となり、ジェネリックはインドにおいて基幹産業の1つとなっています。ですが2005年にインドの特許法が大きく変わり、物質特許が認められるようになっています。世界からの圧力によって認められるようになったという話です。

物質特許が無くても依然変わらない状況

しかし特許(特に物質特許)が切れるまでジェネリックは生産できないかと言うとそうでもないようです。適正な価格で販売されて無いもの、需要と供給のバランスが悪いもの、インドでの特許が認められてないものに関しては一部特許使用料を払う形で製造販売が認められています。その他、元々ある薬の化学式を一部変えた成分の新薬などは、画期的な新薬ではないとして、インド製ジェネリックを作ってしまう事もあります。また政府もそれを後押ししているため、販売元の製薬会社の訴えを却下することもあるのだとか。

国境なき医師団が貧困層の多い発展途上の国などで、使う医薬品のほとんどがインド製ジェネリックという事もあり、インドがどんどん新薬のジェネリックを誕生させているのは、世論からのエールに答えているようでもあります。その他2005年以前に製造されたジェネリックに関しては、それぞれのインドの製薬会社がジェネリックの開発費がかかっているなどの理由からそのまま製造販売して良いとされています。その為、今でもインドでは多くのジェネリックが作られています。

通販を使ってインドジェネリックを購入

通販を使ってインドジェネリックを購入

インドジェネリックは国内の医療機関ではまずお目にかかれません。厚生労働省より承認されていないためです。しかし手に入れる方法はあります。それは「海外医薬品の通販」を利用すること。特に人気が高いと言われているED治療薬、とりわけカマグラは代表的なインドジェネリックと言っても過言ではありません。

バイアグラを元に製造されており、同等の効果を得る事が出来ます。しかも半額以下で購入出来るため医療機関へ行き処方されるよりも大幅にコストダウンが可能なのです。そういった理由から通販を利用しED治療薬を購入する方が最近は多いと言います。そしてインドジェネリックは最先端の設備で作られています。世界で使用されているジェネリックはインド製の物が約4割程度を占めると言われていますので信頼性、安全性ともに非常に高いレベルです。安心して使用して下さい。

他のバイアグラジェネリック

他のバイアグラジェネリック

バイアグラは歴史のあるED治療薬の為、その効果と評価の高さから、これまでに多くのジェネリックが製造されています。カマグラ以外にも実に多くの製品があるので一部になりますがご紹介しましょう。いずれも効能はバイアグラと同じものですが、それぞれに特徴のあるものです。どの製品も国内の医療機関で処方されるジェネリックより、値段が非常に安いので長く使用予定の場合はこちらもお勧めです。カマグラ100mgと同じように、ピルカッターで分割すればさらにコスパが高くなります。

シラグラ

インドの老舗製薬会社として有名なシプラ社が製造販売しているバイアグラジェネリック。バイアグラと同じ成分シルデナフィル配合の為、同じ効果が期待できます。用量は50mgと100mgのタイプがあり、錠剤に割れ目が入っている為、ピルカッターが無くてもカット出来ます。用量の調整が簡単なのでシラグラも人気のバイアグラジェネリックです。

アグラゴールド

こちらもインドの製薬会社Health & Beauty社が製造販売しているバイアグラジェネリック。バイアグラと同じ成分シルデナフィル配合の為、同じ効果が期待できます。用量は100mgしかありませんので、ピルカッターでカットし調整して服用して下さい。実は日本人向けに作られたものの為、パッケージに日本語表記があり信頼性のある製品です。

シルビトラ

インドのRSM社が製造販売しているバイアグラとレビトラのジェネリック。バイアグラの主成分シルデナフィル100mg、レトビラの主成分バルデナフィル20mgを2種類配合しているため、かなり強い効き目のED治療薬です。肥満気味の方、他のED治療薬があまり効果の無かった方に是非お勧めです。心臓に持病のある方は服用しないようにしましょう。ただしどちらも最高用量のため副作用が強く出やすい点には注意です。

シルダリスト

インドのダラム社が製造販売しているバイアグラとシアリスのジェネリック。シルビトラと同様、2つのED治療薬の成分が配合されています。バイアグラの主成分シルデナフィル100mg、シアリスの主成分タダラフィル20mgを2種類配合し、かなり強い効き目のED治療薬です。シアリスの特徴として非常に長い時間効果が持続します。まずはバイアグラの強力な勃起促進作用から始まり、その後シアリスの緩やかな効果が続いていくといいイメージです。ただ、シルダリストも副作用が強く出やすいので調整をして使って下さい。

ラブスマ

インドのスマート社が製造販売している女性用バイアグラジェネリック。女性版バイアグラ「ウーメラ」と同成分で、同じ効果(不感症・オーガズム不全解消)が期待できます。最近急激に知名度が上がってきた、いわばラブグラのライバル的な製品です。用量100mgなので、ピルカッターで2等分~4等分に調節して服用して下さい。

ノボシル

2016年10月、本家本元のファイザー製薬から新形状としてバイアグラODフィルムが発売されました。薄いシート状の物で、舌の上に乗せ、粘膜で成分を吸収するタイプの薬です。水無しで使え、携帯性にも優れている話題の形状です。そしてジェネリックで早くもこのタイプが発売されました。それがこちらのノボシル。同じく水無しで使えるので簡単で便利、薄くて携帯性がある、効き目が早いなどのメリットがあります。ミント、フルーツ味の2種類が販売されています。

国産のバイアグラジェネリック

国産のバイアグラジェネリック

2014年にバイアグラの特許期間が終了した事により、日本国内でもジェネリックがいくつか製造されています。東和薬品、キッセイ薬品、陽進堂、富士科学工業、テバ製薬などが販売しています。特に東和薬品のものはOD錠と呼ばれる、水無しでの服用が出来るタイプのもので便利です。厚生労働省が認可したものなので、効果があり安全性も保障されているメリットがあります。病院などの医療機関で処方せんを出してもらい、取り扱いのあるものは購入することが出来ます。

女性の購入者も増えているようです

バイアグラのジェネリックには女性用もあります。女性の方でも性行為に対して悩みを、持っている方は増えているようです。例えば性行為中に性感はあるものの濡れてくれない。性交痛に困っているなどといった方が購入しているようです。今や男性だけの悩みではなくなってしまいましたね。しかし欧米では知名度も高いと言われている女性用バイアグラ。少し副作用はあるものの、性行為前に服用する事で濡れやすくなり、感度がよくなるという体験談も見つけました。服用する事で、性行時に、膣と外陰に必要とされている血液を改善し、快感を強くしてくれるようです。通販で購入される際は、副作用や禁忌事項を確認の上、購入する事をすすめられています

バイアグラの偽物の見分け方について

バイアグラのジェネリックの偽物ってどうやって見分けをつければよいのか、1つの方法として25mg、50mg、100mgとある医薬品なのに、100mgしかお取り扱いしていない時は注意した方がよいらしいです。生産国は中国が多いと言われていますので、この2つを頭に入れておくだけでもだいぶ偽物に当たってしまう確率は減ると思います。私なりにも少し怪しいサイトを見つけてみました。例えば、日本語がタドタドしかったり、他のページでも書きましたが、あまりにも安すぎたり、100mgは製造されていないのに販売されていたりと、様々でした。絶対に偽物とは思いませんが、購入するには少し避けてしまいますよね。

バイアグラのジェネリックについてまとめてみました

バイアグラが全国的に有名になる中、ジェネリックも紹介したように様々な種類を出されていますよね。日本人向けに作られていたり、女性用や肥満気味の方用でしたり、フィルムタイプもあり、基本効能や効果は同じですが種類によって少し違ったり、しかしも、全てバイアグラのジェネリックなので安心できますよね。しかし中には、,先ほど書いたように偽物を製造して販売しようとする人達が減りません。最近の偽物は見分けがつかないほど作りが巧妙らしいです。偽物にあたらないようにするには、信頼できる通販サイトを選ぶのが大切ですよね。

今では口コミなどもあるので、そこで評判も見れますし、安心もできるのではと思います。気に入ったサイトを見つければリピート利用する事もできますよね。自分にあった、バイアグラのジェネリックに出会い沢山の女性を喜ばせたいですよね。種類が沢山ありすぎて悩む所ですが、通販のよい所は、色々な種類を購入して、飲み比べて効果を確かめてみる事もできますし、なんといっても通販で購入すると、とても安く購入できるのが嬉しいですよね。