やっと見つけた最高のバイアグラジェネリック

最近20代でも中折れしEDの悩みを持つ人が増えています。ED発症の理由は主に4つの原因で引き起こされてしまいます。

20代で中折れしEDに

EDについて

EDとは「性欲はあるが勃たない」、「最中に萎える(中折れ)」、「勃起が柔らかくて挿入できない」等、最後まで満足できるセックスが困難な症状の事です。「いつもじゃ無いが、たまにある」「勃起できるか心配な場合がある」などもEDの診断がされるようです。EDは決して加齢だけで発症するものではありません。最近では20代でEDになる方が増えているようです。若い人がEDになる原因は、忙しい毎日でストレスがたまり、偏った食生活や運動不足、また性行為へのプレッシャーが多いと言われています。一番多いパターンは途中で萎えてしまう中折れです。勃たないのは年のせいだけではないようです。すべての男性にとって中折れはいつ起きるかわからない症状なのです。

中折れは様々な原因で引き起こされますが治すことが可能な症状です。通販などで中折れの薬(カマグラなど)を服用する事で中折れが改善されていくのです。また勃起力にはメンタルも関わってきます。勃起力に不安にならないようにメンタルつくりをしていくのも大切です。自分に自信を持って性行為に挑んでみてください。。現在承認されている原因はこれら以下4つに分類されます。原因次第では20代でも起こり得る可能性があります。

心因性ED

性行為に対する過去の失敗や上手くできるかなどのプレッシャーが原因となり、EDの症状となるのが心因性EDです。およそ20代~40代でEDに悩む方で多いのがこのタイプです。過去にセックスでの失敗した体験がトラウマとして残る、経験人数の少なさから緊張して勃たない、不妊治療を受けるプレッシャーなど精神的なダメージから、脳内物質の分泌が起こらず、神経間の情報伝達が上手くいかずEDになるようです

セックスに自信が無く悩んでいる方などは、経験値を増やす事や、ED治療薬を使い成功体験を繰り返すことにより改善される場合もあります。自分でも原因が分からないトラウマの症状などは、専門の医師にカウンセリングを受ける方法もあります。最近はうつ病を発症する事により、セックスに対し億劫になる症状もEDとされるようです。

器質性ED

事故や大病などの原因により、神経・血管が破損し障害が起こって、勃起不全になるのが器質性EDの症状です。最も原因として多く見られる病気が糖尿病です。血管内の糖分が高くなり過ぎると末梢神経障害が起こり、脳からの神経伝達物質が上手く働かない事によりEDになってしまいます。他に肺や心臓の動脈硬化、加齢からくる前立腺肥大症、交通事故などによる神経の損傷、ヘルニア、脳の病気、パーキンソン病やアルツハイマー等の神経の病気に多く見られるようです。

生活習慣を改善させる事で症状が良くなる場合もありますが、ほとんどが病気やケガが起因するものの為、治すのが難しいものや、神経や血管等を復元しないと治ることのない症状の場合は、ED治療薬を使うのが良いでしょう。ただ心疾患や高血圧の方は使用の際に医師に相談したほうが良いと思います。併用禁忌薬がありますのでそれを使用されている場合、危険な状態を招くためです。

薬剤性ED

病院で処方される薬は効果が見られる分、副作用も強いことが多く、常用している最中にED症状が出てしまうものが薬剤性EDと呼ばれるものです。心臓や肺の血管の病気に使われる降圧剤、腎臓病に使われる利尿剤、うつ病や精神病に使用される抗うつ剤や睡眠薬、薄毛や脱毛治療で使うAGA治療薬を使っている方にEDの症状が副作用で現れるようです。

治療の為飲んでいる薬を中止するのは難しい話ですし、自己判断による服用の中止は控えるべきなので、その際は医療機関へ行きましょう。副作用が軽減できるような薬に変えてもらうか、副作用を抑える薬を併用できるか相談するのをお勧めします。もちろんED治療薬を使っての治療も方法の1つなので、薬のバッティングがあるのか心配な方は合わせて病院で相談して下さい。

混合性ED

EDの原因がいくつかある場合、混合性EDと呼ばれる症状です。年齢の高い方などによく現れる症状で、会社で長年勤めている、役職が付いているなど責任や結果を求められる仕事によるストレスやメタボ、糖尿病等の精神的、身体的原因が複数絡んだものです。改善方法としてはED治療薬を使ったものがありますが、健康診断や定期健診などで自分が今どういった状況にあるかの確認、生活習慣を改めて見直して食事療法や、プールやウォーキングなど適度な運動を習慣付けるのもよいでしょう。

精神的なストレスが原因の場合、休養を取り頭をリラックスさせる、心を安定させるなど問題点が分かっているものから、改善させていく事が大事です。人に言えない悩みを多く抱えてしまうとなかなか改善は難しいのでカウンセリングも有効でしょう。合わせてED治療薬を使っていき改善に向かっていって下さい。

年代別のEDの理由

【10代】

10代では中折れに悩む人はごくわずかのようです。思春期を迎えた辺りからストレスなどを感じやすくなり中折れを経験していく子が増えるようです。10代のEDは気にしなくてよいのではと思います。

【20代】

20代になるとかなり多くの人がストレスや不安を感じやすくなるのではないでしょうか。原因は精神的な問題でEDになる事です。同時に性行為の経験が少なく、失敗してしまったらどうしようという不安から勃起がうまく出来なかったというパターンも多いようです。20代ではストレスや不安を解消する事がEDの改善に繋がるともいえます。

【30代】

30代は普通に性行為が出来て勃起するのが当たり前のイメージですが、意外にEDの悩みを抱えている人が多いのです。EDの傾向としては「朝立ちしているか」が大切とも言われていますが決して朝立ちしなくなったからEDという基準になるわけではないようです。30代に多いのは今まであまり感じる事のなかった仕事でのストレスや、人との付き合いで、お酒を飲む事が増え、それが原因で折れやすくなっている方も居るようです。

【40代】

40代では、性行為に対して、緊張や不安などからEDになる事はほぼなくなってくると言われています。逆に生活習慣病になる人が増えます。ちなみに精力を維持するのに大切なのは男性ホルモンの分泌量で、生活習慣病になると分泌量が減少してしまいます

他には加齢により血管が硬くなりやすくなるのも40代らしいです。ちなみに40代の男性は60%位の人が中折れに悩まれています。

【50代】

50代になると、精神的な原因、肉体的な原因、病気が原因などといった主に3つが多く、70%位の人が悩んでいるようです。若い頃とは違い、ちょっとした事でEDになりやすいのも50代の特徴でもあります。他にも、運動不足や喫煙、飲酒など身体の不調により中折れが出やすい状態もあります。お酒類を飲んだ日はまったく反応しなくなる日もありますよね。

年代別まとめ

EDに関してはどの年代もいつEDになるかはわからないですね。もし「私はED」かもと思う方は一度ED治療薬を、試してみても良いのかも知れないですね。年代別で書いてみましたが、もし生活習慣などを改善してもよくならないようでしたらED治療薬を使うのもいいかもしれないですね。ED治療薬を使用する事で何人もの人が、性行為を楽しんでいるようですし毎日が楽しく過ごせそうですよね。そしてもし20代で中折れをしてしまいEDになっても自分で改善できたり、ED治療薬に頼れるので安心ですね。

EDは治療できる病気です

EDは治療できる病気

EDは決して治らない病気ではありません。ただ簡単に改善出来るのか?と言われればそういうものでもなく、自身が意識する事で初めて成しえます。多くの症状はED治療薬を使い改善が出来ますのでバイアグラを使ったり、コストを下げるのであればカマグラなどED治療薬のジェネリックを使っていくとスムーズに行えるでしょう。

ただED治療薬を使うだけでは根治は出来ません。ダイエットをしたり運動をしたり食事に気を付けたりなど自身でも問題解決に取り組むことで初めて治る病気です。しばらく期間は必要ですが諦めないことが大事です。そして継続しやすいカマグラを使って自信を取り戻すことで精神的な余裕も生まれるので、諸問題が無い方にはぜひおすすめ致します。事情により使えない方はその他のED治療方法を試し、改善していきましょう。